病棟

歩く気力をなくした人が直ちに知りたい豆知識【腰痛に悩んでいるなら医師に相談】

第4の治療方法として注目

	看護師

注目されるに至った経緯

身体には、免疫機能があります。例えば怪我をした場合に、体内に異物が入ってきたとしましょう。この場合、血液の白血球が作用し、入ってきた異物を攻撃したり、包み込んで食べたりすることで最終的には体外に排出します。免疫機能は人体にとっては、大変重要な機能で、病気から免れる自己防衛機能です。近年では、がん治療として、免疫治療という方法が脚光を浴びています。がん治療というと、外科手術や、抗がん剤治療、放射線治療が主流ですが、第4の治療法として免疫治療が注目されています。かつての免疫治療には、がん細胞だけでなく、正常な細胞まで攻撃してしまい、身体の正常な機能まで阻害してしまう可能性がありましたが、近年では、がん細胞を狙い撃ちにする抗体薬も現れ、免疫治療は飛躍的に進歩しました。

自己細胞を使っての治療

実は、正常細胞ががん細胞化するという現象は、珍しいことではなく、日常的に起こっています。では、なぜ、がんにならないのかといいますと、免疫機能が、がん化細胞を敵と認識してやっつけてくれるからなのです。この免疫機能は、通常は加齢とともに低下していきますので、免疫機能低下とともにがんのリスクが高まっていくのです。免疫治療の考え方は2種類あります。1つには、がん細胞をピンポイント攻撃する免疫機能です。もう1つには、身体全体の免疫機能を高め、結果としてがん細胞を追い出すというものです。病院で免疫治療を受ける場合には、患者に合った方法で行うこととなります。基本的には、免疫治療は、患者自身の免疫細胞を取り出して、がん細胞だけを攻撃する指令を与えたり、免疫機能を強化したうえで、体内に戻す方法となります。放射線治療や薬物治療に比べると副作用が少ない点もメリットの一つと言えるでしょう。